HighBridge’s blog

勉強の記録

2021/7/31

[JavaScript]

・配列名.forEach(function(項目,i) {

})

・配列の追加 myFruits.unshift("メロン") .. 先頭に追加

・配列の追加 myFruits.push("メロン") ... 末尾に追加

・配列の削除 myFruits.shift(), myFruits.pop()

・配列の追加と削除

myFruits.splice(1, 1) index1から1つだけ削除

myFruits.splice(1, 0, "メロン") index1のところにメロンを追加するだけ

・他のメソッド

.reverse(), .sort(),

切り取り... .slice(3)index3と4の間で切り取り(index 4からを取得)

                    .slice(2, 4) index2, 3を取得

 

フィルターして、falseの要素を削除する

const newFruits = myFruits.filter(function(fruit, i) {

      return fruit !== "メロン"

})

 

searchメソッドを使って、ある文字を含む要素のみを取得する

const newFruits = myFruits.filter(function(fruit, i) {

      return fruit.search("ン") !== -1   -> その文字が含まれる場合はその位置を返し、なかったら-1を返すので-1でなかったら、含まれているということ

})

 

配列の中身を変換する map

const newFruits = myFruits.map(function(fruit, i) {

     return fruit.toUpperCase()

})

 

複数の配列を結合

const newFruits = myFruits.concat(yourFruits)

 

項目の位置を取得

index = myFruits.indexof("いちご") -> 最初に現れたindex

index = myFruits.lastIndexof("いちご") -> 最後に現れたindex

 

特定の条件(some->一部, every->全部)のマッチ -> true or false 

const isExist = myFruits.some(functon(fruit) {

  return fruit = "いちご"

})

 

条件にマッチする項目を取得

const threeLengthFruit = myFruits.find(function(fruit){

     return fruit.length === 3

})

 

・関数式と関数宣言

関数宣言による関数定義

function 関数名() {

    // 処理

}

 

関数式による関数定義 -> 定義後にしか利用できない

const 関数名 = function() {

    // 処理

}

 

[Node js]

 

・npm install colors --save

--save, -Sをつえるとpackage.jsonの依存モジュールとして、インストールしたモジュールとそのバージョンを記録してくれる。

 

・package.jsonだけが残っていれば、node_moduleをインストールできるので、node_moduleをバックアップする必要がない。npm install でいつでもダウンロードできる。

 

・package.jsonの"scripts"に動かしたいスクリプトやコードの生成などの管理ができる。動かす時にはnpm run コマンド名 または npm コマンド名で動かすことができる。コマンドを一覧する時にはnpm runで見ることができる。

 

・yarnはFacebookが中心に開発をしているnpm互換のパッケージ管理システム

モジュールをインストールする場合は

yarn add coffee-script

グローバルインストールする場合は

yarn global add coffee-script

 

・オンラインのコードエディタ JSFiddle,  jsdo.it

・コーディング規約 

https://standardjs.com/rules.html

 

・npm install standard --save-devでstandardのコマンドが使えない?